コアラストーリー by Koala Sleep Japan2024年5月30日読了目安時間: 3

コアラの環境への取り組み:日本一のユーカリの森を育てよう!

コアラ®は「もっと健康的でもっと幸せな住環境をつくること」を企業目標に、毎年1回の植樹を実施しています。場所は、千葉県で持続可能なエネルギーの森づくり実証事業(植林・育苗)を行っているエコグリーンホールディングス様の実証地。3年目となる今回は、4月19日朝8時過ぎに東京駅前に集まって貸切バスに乗り込み、社員全員で千葉県の森の中へと向かいました。

毎年、社員たちはコアラが大好きなユーカリの苗木を植えています。1年目に植えた苗木は、残念ながらうまく育ちませんでした。その教訓を活かして2年目には9種類のユーカリを植え、5種類のユーカリの木が大きく成長していました。3年目の今回は、その中でも生育の良かった「ユーカリ・サリグナ」と「ユーカリ・ビミナリス」の2種類を植えることになりました。実はユーカリには、500〜1000種類があると言われています。実証地に植えたユーカリの葉をかじってみると、種類によってマスカットのような味がするものや、ミントのような風味を感じるものがあり、新たな発見となりました。

エコグリーンホールディングス様の実証地は約 10 ヘクタールほどあり、全てユーカリの木で埋め尽くされています。これだけの広さのユーカリの森は、おそらく日本一だろう、とのこと。今回の植樹は、スタッフの皆さんが事前に苗木を入れる穴を掘って準備してくださっていました。あとは、土と栄養分を根元で固めた苗木を穴を入れて、上から土をかけて固めるだけ。初めて植木をする社員でも、簡単に植えることができました。

昨年みんなで植えた小さなユーカリの苗木が、1年経つと2メートル近い高さまで成長した姿を見ると、自然の雄大さを改めて感じずにはいられません。少し強くなった春の日差しを浴びながら、普段なかなか触れることのない土の感触や澄んだ空気を肌に感じつつ、社員全員が一丸となってツリープラントに汗を流しました。朝10時過ぎに森に到着してから、みんなで約1,200本の苗木を植え終わったのはお昼の12:30頃でした。

私たちコアラは、今後も継続的に活動を続けることで、もっと健康的でもっと幸せな住環境を築くことを目指していきます。